【花嫁 日本髪】成田 小御門神社

いつも何かあるたびにヘアメイクや着付を頼んでくださる成田の女性経営者のお客様からご紹介いただいたのは、なんと神社の神主さんでした。

衣裳手配と支度を頼める人を探してるという事で、その女性経営者さんはすぐに私を思い浮かべてくださったらしく、ご連絡してきてくださいました。

成田に衣裳屋があまりないという事で、私の手配できる打掛を見に千葉市まで来ていただき、お2人と一緒に打掛を選びました。

そして当日迎えた撮影の日。まずは白無垢に綿帽子

普段は閉めている「拝殿」を開けて撮影。

拝殿の奥は神殿なので人が立ち入ることはできません。

こんな感じでとっても趣のある拝殿です。

お母様や叔母様、氏子さん達と社務所の前で撮影。こういう写真って後から思い出になったりするんですよね(^^)

こちらの神社は森がとっても素敵でした。

小御門の森は、千葉県天然記念物になってるそうです。静かだけど、どっしりとした優しいエネルギーを感じました。

お次は、白地に色刺繍の白打掛に角隠し。

綿帽子は白無垢の時しか使えないので、色打掛や振袖の時は角隠しを付けます。

もともと綿帽子が角隠しの両方を付けたいと伺っていましたが、白無垢を選ぶ時に、この打掛がどうしても気になって迷ったら、新郎様が「2枚着たらいいよ」と優しいお言葉をかけてくださり、「じゃあ角隠しの時はこちらにしましょう!」となりました。

見にきていた皆様と記念の一枚。本当に緑が綺麗で何度もうっとりしてました。

小御門神社のご祭神は、後醍醐天皇の側近の藤原師賢(ふじわらのもろかた)公。後醍醐天皇の身代わりになったという事から、小さい帝=小御門という説もあるようです。

今回のご縁があるまで私も知らなかったのですが、こじんまりしてるとは言え、とっても素敵な神社なので、神主さんのご新郎様と「何か一緒にやりたいですね〜!」という話になりました。

今回見に来ていらした新婦の叔母様が「うちの娘が秋に結婚するのだけど、和装の写真が撮りたくて。ここの神社とてもいいですよね!うちもお願いしようかしら??」なんてお話もしてくださいました。

ご縁があると色々と繋がっていくものですね。

和美人お仕立て師:Suzuyo〜すずよ〜

関連記事

  1. 花嫁の日本髪
  2. 花嫁の日本髪
  3. 花嫁の日本髪
  4. 伊勢山ヒルズ出張 地毛の日本髪
  5. 花嫁の日本髪
PAGE TOP