大人花嫁にピッタリ!上品なネープシニヨンスタイル

7月の最後の月曜日、友人のウェディングフォトグラファー安澤剛直さんの撮影にヘアメイクとしてお手伝いしてきました。

用賀にある安澤さんのスタジオに行って準備をしていると、フローリストのMinaさんがお花を持って登場。市場で生花を仕入れたその足でスタジオに来てブーケを作ってくれました。

いつの間にか安澤さんがこんな写真を撮ってくれました(^^)

お支度している横でブーケ製作って、広告撮影の現場みたいで素敵♪

Minaさんとは2年くらい前の広告撮影で安澤さんからお声をかけて頂いて、ご一緒させて頂いた事があります。岐阜の中津川まで行ったな~(^^)こちらはMinaさんが撮った写真。

So-magicのドレスも入れて下さって素敵なイメージフォトになりました♪

40代半ばの花嫁様はドレスも落ち着いて品のあるものをえらばれました。髪型もシンプルで下目にまとめたものがいいとのご希望で、品のあるネープシニヨンを作りました。

Minaさんに「グリーンが欲しい」とお願いしたら、こんな素敵なガーランドを作ってくれたので、

シニヨン部分にあしらってみました。

砧公園まで移動してロケ撮影。最初はベールなしで撮影して、場所を変えてベールをON

素敵なあずま屋で雰囲気のある写真を撮ります。

安澤さんは広告カメラマンとしてのキャリアも長いので、影を使ったカッコいい写真も撮ります♪

途中で生花をボンネにチェンジ

このボンネ、私の手作りです(^^)V
ドレスの胸元のデザインに近いレースを探して刺繍したり、スパンコールを付けてイメージを似せました。

最後はベールを外してボンネのみのスタイルに。
せっかくなので一緒に写真を撮らせていただきました(^^)

我ながら、このシニヨンスタイルは大満足♡

この花嫁様にとっても似合っていて、何度も「きれいだわ~」とつぶやいてしまいました(笑)

髪型は一切変えていないのに、これだけイメージが変わるのって面白いですよね。ちなみに生花の時はピアスのみ。ボンネにはパールの1連ネックレスを付けています。

顔回りがタイトなぶん、後ろのシニヨンが引き立ちます。

これは大人な花嫁じゃないと似合わないスタイル。
実際の結婚式の時に思い通りにならなかったぶん、今回は好きなイメージのドレスを着て、思い通りのヘアメイクになったと喜んで下さいました。

そして、試着の時から私と花嫁様がずっと言っていたのが「品のあるスタイル」

最近のルーズな髪形がどうしても綺麗に見えないという意見が一致しました(笑)(注:しっかり手をかけてルーズに見せて作るのは別のお話です)

実は、40代の花嫁を美しく出来るのは、そこを知っているかどうかがポイントなのです。

大人な花嫁さんはぜひご自身に似合ったドレスをお召しになって、自分の美しさを最大限に引き出してもらえるヘアメイクさんと出逢えますように。

そして思い通りの素敵な花嫁になれますように♪

もし、どうしても見つからなかったら、私のヘアメイクをお試ししてみませんか?お試しヘアメイクプランもございます(^^)
花嫁お仕立て師◇そうますずよ

  • 地毛の日本髪から30分で色直し【ブライダルヘアメイクSo-magic】http://so-magic.wedding/
  • 記念日の専門家【ヘアメイクSo-magic】http://so-magic.info/
  • 記念日スタイリスト®直伝。【本物育成ヘアメイクスクール】http://so-magic-school.com/

おすすめ記事

  1. 自毛(地毛)の日本髪では綿帽子や角かくしが付けられない?!
  2. ご自宅でお支度の和装ロケ撮影。満開の桜と引き振袖
  3. 松戸栗ヶ沢バプテスト教会での結婚式
  4. ホテルニューオータニ幕張でアットホームなウェディング
  5. 片岡愛之助さんと藤原紀香さんの挙式について、アレコレいう人がいる…
  6. 地毛の日本髪だけは譲れない!ヘアメイク持込み禁止のゲストハウスへ…
  7. 七夕(たなばた)ウェディング~織姫と彦星の宴~
  8. 友人たちとのカジュアルウェディングパーティー

関連記事

  1. ホテルニューオータニ幕張でのお披露目パーティー
  2. 美しい花嫁になるための知識①
  3. ウェディング雑誌にも載らない。軽井沢の隠れ家ホテル
  4. ブライダルヘアメイクの実態
  5. 「持込み禁止」という高い壁
  6. 葛飾区の歴史的建造物と和風庭園
  7. 自毛(地毛)の日本髪では綿帽子や角かくしが付けられない?!
  8. ヒサコタカヤマ&手描き友禅の打掛

最近の記事

PAGE TOP