2017年4月より東京ヴァンテアンクルーズのヘアメイクを担当することになりました。

ヴァンテアンクルーズさんはこちらからお客様をご紹介して、ウェディングパーティーをさせていただいたりすることが何度かあったのですが、ある事情でお困りの際にご相談いただいたことがきっかけで、So-magic Weddingでお役に立てるなら…とお手伝いさせていただくご縁となりました。

3月から打ち合わせなどで何度も竹芝へ行き、この日が初の婚礼担当日です。

あいにくと雨が降ったり止んだりの一日でしたが、なんとかデッキでの挙式が実現しました!

大型客船での結婚式は、船長さんが牧師様のように挙式を執り行ってくださる「船長式」が主流です。お2人の誓いの言葉や指輪の交換、ウェディングキスに続いて「航海日誌への署名」がポイント。

ヴァンテアンが進水式を迎えてから25年間、ずっと挙式をした方は航海日誌に署名をして、記念プレートが船の壁に飾られているのです。

こんな風に乗船した日が写真に残ったら、ゲストもきっと思い出に残りますよね(^^)

 

挙式は船が着岸している状態で行います。挙式後のバルーンリリースで、目の前のインターコンチネンタル東京ベイホテルをバックにカラフルな風船が飛んでいくのがとってもきれいです。

 

挙式後はデッキから下に降りて、船内の花嫁さまお控室でベールを外します。

この日は下目にまとめたゆるフワヘア。髪飾りは花嫁さまのお手製です。

ベールを外した後はそのままお二人は披露宴会場へ移動して、パーティーがスタートします。入場されると私は色直しまで控室で待機します。

 

披露宴がスタートして40分くらいすると、船のエンジンがかかって出航します。クルージングは2時間ですが、着岸している間に挙式と披露宴がスタートするので、ゆったりと2時間半の披露宴を楽しめますよ(^^)

出航してしばらくするとレインボーブリッジの下をくぐります。なんだかNYのマンハッタンみたいで、この景色を見てるの結構好きなんです(^^)

 

そのまま船はお台場を抜けて、羽田沖に向かいます。

頭上をかすめながら飛行機がランディング(着陸)態勢に入るところは何度見てもカッコイイ(>▽<)そうやって何台も飛行機を見送っていると、花嫁さまが戻ってきて色直しのタイミングになります。

この日はサイドに寄せたカールスタイルになりました。

挙式で作った髪型をいったんほどき、編み込みのカチューシャを作ってから、後ろの髪をサイドに寄せます。後はコテでしっかりとカールをつけます。最後はデッキに出るので潮風を浴びても崩れないようにします。

この色直しの髪飾りも花嫁さまのお手製で、ブーケの色味と相まってよくお似合いでした!

再入場をした後はしばらくすると、デッキに出てご歓談&写真撮影タイム。そうこうしているうちにレインボーブリッジをくぐるタイミングがやってくるので、ゲストの皆様も「わあ~~~!」と歓声を上げながら写真を撮っている方もたくさんいらっしゃいます。

トワイライトクルーズだと、着岸するころには夕日が沈んでとっても素敵な時間帯です。

So-magic Weddingにお問い合わせをいただいても、ヴァンテアンさんをご紹介することもできますので、ぜひご相談くださいね(^^)東京タワー、スカイツリー、東京ゲートブリッジ、羽田空港と見ながらのクルージングになるので、東京見物も一緒にした気分なウェディングができますよ!

 

 

花嫁お仕立て師◇そうますずよ

関連記事

PAGE TOP