ヒサコタカヤマ&手描き友禅の打掛

6月に京都へ日帰り(正確には夜行バスで行ったので0泊2日w) した時に拝見した、京都友禅打掛作家の秋山章先生のお衣裳が東京で見る事が出来ると聞いて、目白の椿山荘へ行ってきました。

衣裳店ヒサコタカヤマさんが銀座店の6周年を迎えたそうでその記念イベントです。

ヒサコタカヤマ

友禅打掛

友禅の職人さんたちが一つ一つ創り上げる伝統の技術。

京都友禅打掛

京都でも沢山の友禅の打掛を見て感動しましたが、またまたこちらでもため息の連続です。

友禅打掛

刺繍の豪華な打掛も素敵ですが、友禅の打掛はしなやかさが違います。

神職社長

ヒサコタカヤマを含めたグループ会社の代表、川辺徹さんのご挨拶。ご本人は神職の資格もお持ちで神前式を取り仕切る事も出来るとか!!

友禅打掛作家秋山章

京都の時も感動しましたが、今回もやはり感激♡友禅作家秋山章先生のお話。打掛や紋服は「儀式の衣」という先生のお考えにとても共感いたします。

秋山章そうますずよ

京都でも名刺交換をさせていただいたので、覚えていてくださいました(^^)

私の母と同世代!!いつまでもお元気で、この伝統技術が途切れないように後世に伝えていただきたいと切に願います。

友禅打掛制作順序

友禅が出来る工程がパネルになって分かりやすくなっています。

1番右の下絵青花は羽二重の生地に下絵を写し取るいわば「下書き」のような技術。この下絵だけを描く職人さんがいて、代々その家では青花だけをやり続けるそうです。

友禅打掛

色付け、金箔貼り、螺鈿貼りと一つ一つそれぞれの職人さんの手を渡って仕上がっていきます。

京都友禅

1人がすべてを仕上げるのではなく、各工程の担当の職人さんが何人も集まって一つの反物が出来上がるそうです。…友禅が高価なのが分かりますね。
こちらは和のブライズメイド用のお着物。

和のブライズメイド

お友達がお揃いのお着物を着て花嫁様のサポートをされたら華やかで素敵ですよね(^^)

 

ウェディング関係者も沢山集まり、皆さんと友禅の素晴らしさについて語り合いました(というか「素敵よね〜〜♡」と言ってるだけですがw)。

他の花嫁様とは一味違う打掛をお召しになりたい方はぜひ!秋山章先生の友禅を私もお支度してみたいです(^^)

 

花嫁お仕立て師◇そうますずよ

おすすめ記事

  1. 松戸栗ヶ沢バプテスト教会での結婚式
  2. どうしても地毛の日本髪が結いたくて。挙式後の後撮り
  3. 地毛の日本髪だけは譲れない!ヘアメイク持込み禁止のゲストハウスへ…
  4. ヒサコタカヤマ&手描き友禅の打掛
  5. 地毛の日本髪での仏前式(成田山新勝寺)
  6. リーガロイヤルホテル早稲田へ出張ヘアメイク
  7. 千葉・幕張のホテルでリゾートウェディング
  8. 友人たちとのカジュアルウェディングパーティー

関連記事

  1. ホテルニューオータニ幕張でのお披露目パーティー
  2. 「持込み禁止」という高い壁
  3. 美しい花嫁になるための知識①
  4. 片岡愛之助さんと藤原紀香さんの挙式について、アレコレいう人がいる…
  5. 自毛(地毛)の日本髪では綿帽子や角かくしが付けられない?!
  6. ブライダルヘアメイクってお試ししてから選べないの??
  7. ブライダルヘアメイクの実態
  8. ウェディング雑誌にも載らない。軽井沢の隠れ家ホテル

最近の記事

PAGE TOP